犬がカーペットを引っ掻く場合

犬がカーペットを引っ掻く場合

犬がカーペットを引っ掻く場合 飼育している犬がタイルカーペットをビリビリに破いてしまい、すぐに新しい生地に買い換える必要があるので、床に生地を敷くのを止めてしまった家庭も少なくありません。

しかし犬が引っ掻きやすい生地を選ばなければ、安全にタイルカーペットを使い続けられる可能性もありますから、まずは生地ごとの性質の違いを確認してみてください。

犬が生地を引っ掻いてしまうのは、生地に爪が引っかかる感触が気持ち良かったり、ちょっとした衝撃で生地が動くのが楽しく感じるのが原因の一つです。
床から剥がれにくい性質を持った生地を購入しておくと、ペットが生地をオモチャとして扱いにくくなるので、タイルカーペットがビリビリに破られずに済む場合もあります。

爪が引っかかりにくい生地も犬のオモチャにされにくいので、まずは生地の手触りを確認してみる事がおすすめです。
犬がタイルカーペットに噛み付いてしまった際には、犬のしつけを徹底する事も忘れないようにしてください。

タイルカーペットを洗った後の正しい干し方とは?

タイルカーペットを洗った後の正しい干し方とは? デザインやカラーが豊富で便利なタイルカーペットですが、お洗濯の方法は間違っていないでしょうか。ペットがいる家や小さな子供がいる家、水回りなどで使用される事が多いため、タイルカーペットは意外と汚れてるのです。

洗濯方法は商品によっても異なりますが、洗濯可能なものであればなるべく表地が内側に来るようにネットに入れて洗濯を行うと良いでしょう。手洗いが必要であれば、中性洗剤を使用して押し洗いを行い入念にすすぐことが大切です。そして洗い終わったタイルカーペットの干し方も重要です。干し方一つで手触りや形状が変わってしまったり、ゆがみが生じて凹凸のあるフロアになってしまう事もあります。干す際はなるべく水気が切れた状態にしてから平らで風通しの良い場所での乾燥が理想的です。

あまり直射日光や温度の高い所で乾燥してしまうと、土台の塩ビ素材が変形してしまう事も考えられます。床に並べて乾燥が難しいという場合は、タイルを一点だけピンチで挟んで乾燥させないように気をつけましょう。

新着情報

◎2018/5/9

自宅にタイルカーペット
の情報を更新しました。

◎2018/2/5

犬がカーペットを引っ掻く場合
の情報を更新しました。

◎2017/11/6

畳の上にカーペット
の情報を更新しました。

◎2017/10/6

サイト公開しました

「カーペット 犬」
に関連するツイート
Twitter

寝落ちしてたことに気付いて慌てて風呂入って髪乾かしてキッチン片付けてレンジ庫内の掃除してお茶沸かしてに粗相されたカーペットの掃除して筋トレしてた。寝る気は失せた

返信先:@Iteza_JPSF 僕の家のはホットカーペットで伏せてから動きません

先週末いぬ美、冬に向けて毛が生え変わってるみたいで抜け毛多かった。あとカーペット買い換えてもらえてた

Twitterマスクド・イマイチ@Masked_II

返信 リツイート 昨日 22:50

返信先:@hinano_0307_ まぁ、カーペットにおしっこされるし寝てる時に庭に出せって言われて顔引っかかれるし尻尾触ったら噛み付くし手を近づけただけで唸るし飯横取りされて寝てる時に顔踏まれるけどって可愛いよね(白目)

布団を電気カーペットで温めてたからほくほくしながら入ったら先客のイヌがいたので

あーーーーーーーーーーー!!!!!!!が私の部屋のカーペットにおしっこした😭😭😭猫が怒る😭

高齢の寒がりワンコのために、小屋を改造(笑) もともと、断熱材を入れた小屋にしていましたが、断熱材の厚みを交換。 より性能の良い断熱材を厚く床へ敷きました。 そして、寒さ対策に電気カーペット!! これで、ぷぅ太郎には寒い冬をなんとか越して欲しい。 まだまだ元気でいてな! pic.twitter.com/HV8QkEHGVT

Twitter中川義仁 棟梁 枚方の中川忠工務店@Nakatyuu1203

返信 リツイート1 昨日 20:42

【しつけのなってないはこんなことをする】 んじょも 肛門にお湯をそそいでみたらカーペットなのにうんこをもらした

TwitterボケサービスボツネタBOT@bokesabotu_bot

返信 リツイート 昨日 19:38

の部屋作り2 床はすべりにくく 子の脚を痛める原因になるので フローリングはすべりにくくして 可能であればカーペットを敷いたり またはすべり止めワックスをかけたりしましょう。

RT @FujiiACC: 寒くなり、ホットカーペットを動物に使用し始める方も多いと思いますが、長時間寝ている高齢猫やでは、低温火傷になることがあります。特に尿や水などで、カーペットが濡れてしまうと、火傷の原因になります。排尿等をその場でしてしまう子や、お水をこぼしやすい子は…